Slide Nir Miretzky
シニアプロジェクトマネージャー兼CrazyHubsリーダー
究極の動画広告を作る5つのヒント
Slide 基礎 #5 ゲームプレイの映像は、最低3~5レベルにする。可能であれば、長いアクションや長いゲームの流れなど、編集が大変なものは含まないようにしよう。常に明確かつ直観的に。作成する動画の多くが、30秒もしくは15秒のゲームプレイ映像のみのものになることを忘れないように。友人や同僚に、ゲームのプレイ方法が分かるかどうか聞いてみること。これは、ゲームプレイ映像を確認するのに非常に有効である。 Slide 解像度
#4 これは、単純で分かりやすいだろう。推奨解像度は1024x1280 (4:5) 60fpsだ。これは、必要な時に、スローモーションを使用することも可能な解像度である。また、全く同じ映像を720x1280 (9:16) でTik Tokを使用してテストしてみることもお勧めだ。
Slide 録画
#3 ゲームプレイの録画にScreen Recorderの使用は避ける。仕上がりが必要以下のものとなってしまうからだ。Unityパッケージ内のUnity Recorderを使用すれば、クオリティの高い映像の作成が可能で、ゲームプレイ映像の中にマウスポインタが映ることも無い。
Slide 面白くする
#2 ゲームプレイ映像は、シンプルかつ分かりやすいプレイ中の映像でなければならない。しかし、それに加え、人の注意を惹き付けるような、最も魅力的なシーンを使用する必要もある。これは、ゲーム内で一番面白いシーンを際立たせる機会であり、音楽や効果音(そして、ミュートにしている視聴者向けに、文字やスタンプも!)使用することで、視聴者の注意を正確に惹き付けよう。
Slide 成功シーンも失敗シーンも
#1 ゲーム内の成功シーンと失敗シーンの両方を盛り込むことが非常に重要だ。まずは、様々なレベルの様々な失敗シーンから始め、いろんなパターンがあることを示し、今後プレイヤーとなってくれるかもしれない人たちに、どのようなゲームなのかを知ってもらうと良い。レベル数がそんなに無い場合は、同じレベルの成功シーンと失敗シーンの両方を使用してみよう。ただし、カメラのアングルが違う映像を使うこと。
Slide CrazyHubsに参加
私たちのハイパーカジュアルゲームアクセラレーターに参加して、次のNo.1ヒット作を製作しよう! 今すぐ申し込み!
私たちのヒントをシェアし、あなたのヒントを追加しよう